更新履歴

お問い合わせ

AWAW(アウアウ)“Assist activity with Awareness”Workshop(アウェアネス アクティビティ研究会)事務局

恵佑会札幌病院(〒003-0027札幌市白石区本通14丁目北1番1号)

代表世話人:看護部 皮膚・排泄ケア認定看護師 坂本

 

※お電話での問い合わせは受け付けておりません

 

連絡・問い合わせは以下のフォームからお願いします。

こちらから連絡致しますので、お名前、メールアドレス、連絡先を

記入していただけると嬉しく思います。

すぐにご連絡できない場合がありますのでご了承ください。

 

 

お問合せ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

編集者のつぶやき

また富士山(笑)

 

 

航路が変わったのかも?

飛行機から富士山がとても綺麗に見えることが多くなったように思います。日本で1番高い山、富士山。みているだけで、気分が良くなるような、少し元気になるような気がします。周囲の環境や自身の状態が変化すると自分自身の動かし方が変わります。なんとなく、変化に順応することにストレスを感じることもあります。富士山にも季節や地変(火山なので)などによって、様々な変化はありますが、大きな山なので遠くから見るとあまり変わっていないように見えます。もしかすると、それが、安心感につながっているのかもしれない。あまり変わらないものを見て自分の位置がわかってホッとするのかもしれない。そんなことを思う今日このごろでした。

  日本一透明

 先日、福岡から友人が同僚のみなさんと一緒に遊びに来てくれました。

 福岡には、湖がないそうです。見たことがないのでみてみたい!という願いを叶えました。

 支笏湖(しこつこ)は、4万年ほど前に形成された支笏カルデラに水が溜まったカルデラ湖。

北海道千歳市にある淡水湖で、支笏洞爺国立公園に属し、日本最北の不凍湖として知られています。

 久しぶりの支笏湖です。最後に行ってからもう何年?

 こんなチャンスがなければ、もう行くこともなかったかもしれない場所でした。

 友人のお付き合いで、初めて観光船にも乗りました。

 観光船では、外の景色だけではなく、船底にある窓から湖底の景色を見ることができました。

 とても神秘的な景色です。支笏湖は日本一透明なんだそうです。

 みなさまにもその神秘的な景色をおすそ分け致します。

 お昼は回転寿司、お買い物はイオンの中の六花亭さん。

 どさんこの価値観ですと、ここでいいの?って思うようなコースですが、六花亭のお菓子の種類に「こんなのもあるんだ!」「小分けもあるんだ!」と友人たちはとても喜びました。

 北海道の歴史にも興味を持って頂いて、開拓の村にも足を伸ばしました。

 どさんこが引く馬車にも・・・どさんこが乗って(笑)とても楽しみました。

 1人では、感じられないことも、他の人との接触で新しい感覚を得ることがあります。

 そんなことを、思った1日でした。

  世界遺産!

 先日、広島でコース受講のために1週間過ごした帰りの飛行機と福岡でセミナーの講師をする行きの飛行機で日本一ステキな景色を見ることができました。

 みなさまにも、おすそわけです。

 

  2013年3月吉日

 先日、やっと・・・!

 支援と学習のキネステティクス®アドバンスコーストレーナーのライセンスを得ることができました。

 「アドバンスコース」を開催することができます!!!

 麻痺のある人、拘縮した人、痛みのある人など状況が難しい方の動きの問題についてみなさまと一緒に考えていくことができたらいいなと思います。

 

2013年3月吉日

2013年2月

 編集者rです。

 昨年参加した国際学会、発表のポスターにも札幌の空を使ってしまいました(笑)。

 よくみると見たことがある感じがしませんか? 

 え?傷の写真が気になる?

 私は、皮膚・排泄ケアの認定看護師なので、このように皮膚に重度な問題のある患者さんのケアを行うこともあります。

 空をみていると、色々な考え方やアイディアが浮かぶような気がします。

 2月にコースが終了しました、今後の予定は近日中にアップしたいなと思います。

 今後とも、AWAWをよろしくおねがいします。

2013年2月

 

2012年10月

 編集者のrです。

 ヘッダーの空と虹の写真やホームページにところどころ貼ってある写真は、札幌市内で撮影しました。空にある虹は7階にある会議室の窓から見えたものです。

 看護のキネステティクスⓇベーッシックコースを院内研修で行ったある日の午後。にわか雨がふって、やがて晴れたら、ふんわり虹が光りました。何本も♪とても美しい景色でした。

 コースの案内や写真、文章など時々更新しますので、また来て頂けたら嬉しく思います。

                  2011年10月